アンチ エイジングの食べ物について

いつまでも若々しい肌や体でいたいというのは女性ならば誰でも思っている願いですよね。芸能人やモデルさんなんかを見ると「この人年齢よりもぐっと若く見える」という方は間違えなく普段の食生活にも気を使っています。というのも私たちの体は日々食べたものから作り出されている為、適当な食事や不摂生はすぐに肌や体に出てしまうのです。

アンチエイジングは毎日の食事から始めることが不可欠です。アンチエイジングに効果的な食べ物について見ていきましょう。

1.たんぱく質を摂取する

肉、魚、大豆製品に多く含まれるたんぱく質は新しい皮膚を作り出したり、筋肉を作るのに欠かせません。日本人女性はダイエットをしている方が多いですがカロリーを気にするあまりこれらのたんぱく質の食品の摂取量も減りがちです。そうすると肌荒れを起こしたり、筋肉がやせ細って体の代謝がダウンし痩せにくい体になってしまいがちです。毎食たんぱく質の食品を片手の平1つ分が目安量ですので参考にするとよいでしょう。

2.緑黄色野菜を摂取する

野菜には食物繊維が豊富に含まれており、お腹の調子を整えるのに効果的です。便秘が続くとお腹に常に老廃物がある状態ですので、その影響で肌荒れや体の代謝ダウンにつながってしまいます。そこで野菜を摂取することによって腸をきれいにお掃除することがアンチエイジングには不可欠です。

さらに野菜の中でも緑色やオレンジなど色の濃い緑黄色野菜に含まれるベータカロテンには、抗酸化作用と言われる体のさびとりをするとされる成分がふんだんに含まれています。ホウレンソウや小松菜、ニンジン、トマト、ピーマンなどを意識的にとるようにしましょう。

3.生の果物を摂取する

人の体内には消化や代謝の酵素が存在し、日々食事を消化したり体の無駄な脂肪を燃やすのに役立っています。しかし加齢とともにこの酵素は減っていくことで代謝がダウンしたり太りやすくなってくるのです。そんな酵素は生の果物に多くあると言われています。加熱すると酵素は壊れてしまうので、生というのがポイントです。果物の他には生野菜にも含まれています。

また果物には美肌には欠かせないビタミンCが豊富に含まれている為、1日200gくらいを目安に摂取しましょう。

4.ナッツ類を摂取する

ナッツ類に含まれるビタミンEには強い抗酸化作用があるとされ、アンチエイジングにはお勧めです。またナッツの脂肪であるオメガ3系の脂肪には美容や健康効果があるとされています。サラダにまぶしたり、おやつ代わりにナッツというようにすると良いでしょう。

5.発酵食品を食べる

味噌、ヨーグルト、漬物、チーズなどに含まれる乳酸菌に腸の善玉菌を増やしてお腹の環境を良くする効果があるとされています。腸は美容や健康にとって密接な関りがあるとされ、悪玉菌いっぱいの悪い環境の腸では肌荒れや体の疲れ、健康にも悪影響とされています。毎日みそ汁を飲んだり、おやつにヨーグルトやチーズなどを取り入れると良いですね。

6.まとめ
アンチエイジングといっていくら高いスキンケアグッツを使用したりしても、基本の体を作る食事がおろそかだとなかなかアンチエイジングは成功しません。毎日の食事から若々しい体は作れるのです。気になる習慣があった方は見直して、みんな美魔女になっちゃいましょう!