お肌の曲がり角にはコラーゲン

若かった頃はまるで無頓着だったのに、やはり30代後半になってくると、お肌にも気を遣うようになります。
特にお勤めをしていると、毎朝のお化粧のノリなどは、日によって変わってくるので
今からお肌のお手入れも気を付けていないと、この先の年齢の出方が違うようです。
私の同僚がとてもお肌がつやつやしているので、どうしてるの?と聞いたのですが、
「コラーゲンを飲んでいる」とのことでした。
聞くと、ドラッグストアなどで健康食品のところにアミノ酸コラーゲンの粉末のものが売っていて、それを毎朝飲んでいるということでした。

確かにコラーゲンはお肌にハリを与えるというので、よくすっぽんとか鶏肉の皮など食べたりするといいとか聞きます。
でも、それ以上に手軽に毎日取れるというので、私も試してみました。
私は「アミノコラーゲン」と書かれた粉末が缶に入ったものを購入。
どんな飲み物やお料理にもスプーン一杯入れればいいだけという簡単なものです。
そして毎朝、牛乳に入れて飲み始めました。
毎日、これを欠かさないことだけ。それだけを守って飲むこと2か月くらい。
何となく疲れていたお肌も、ちょっとハリが出た感じがするのです。
それとお化粧ノリがいいんです。
どこまでがこのコラーゲンのおかげかわかりませんが、今は母親もいいねと言って、飲んでいます。

すぐには何か効果が出るというわけではないでしょうが、
今からやるのと、もっと年を取ってからやるのとでは、
年齢を経た時に違いが出るのではと思います。
そろそろ何かしなきゃいけないかな?と気づいた時がやり時なのだと思います。

ポリフェノールの宝庫「月桃」で酸化をやっつけよう!

体が老いる原因は、酸化によって細胞が錆びてしまうこと、というのはよく知られていますよね。ですからアンチエイジングには、やはり抗酸化作用のある食べ物やコスメが必須となります。
そこで私が注目したのが、「月桃」です。

月桃は沖縄などにもともと自生する植物なのですが、酸化を防ぐポリフェノールが、あのワインよりもずっと多く含まれているのだそうです。沖縄では、月桃の 葉にお餅をくるんで日持ちをよくさせているくらい、防虫、抗菌、防カビ効果があるとのこと。こんなすぐれた作用なら、お肌や体内の劣化も防ぐ効果もバッチ リですよね。
よく沖縄みやげで月桃コスメや月桃茶が売られていますが、最近では通販でも手に入れることができ、私も愛用しています。有名なモデルさんも、アンチエイジ ングのために月桃茶を愛飲しているとのこと。値段もそんなに高くないですし、香りもいいので、長く続けていかれるのも魅力的です。

さらに安上がりに月桃効果を味わうには、月桃の鉢植えを購入することをおすすめします。月桃は寒さには弱いですが、もともと自生していた植物だけあって、 かなり丈夫なので、水さえしっかり与えていれば、葉がどんどん出てきます。この葉を刻んで干してお茶にしたり、ホワイトリカーに漬けて化粧水を作ったりす ると、リーズナブルにアンチエイジングを実践できます。初夏には可愛い花を楽しむこともできますヨ!

”アホエン”でアンチエイジング

ニンニクから取り出せる物質”アホエン”という名前を聞いたことはありますか。ニンニクには、アリシンという物質が入っていて、美肌や疲労回復、冷え性改 善などの効果がありますが、”アホエン”は、このアリシンが変化してできる物質です。

アホエンは、アンチエイジングに、アリシンを超える、最強のパワーを 発揮するのです。このアホエンですが、通常の食べ方では、残念ながら、摂ることはできません。まず、生のニンニクには、含まれていません。また、熱に弱 く、高温では壊れてしまいます。

では、どのようにして取り出せばいいのでしょうか。ここでアホエンの取り出し方ですが、まず、生のニンニクをこまかく刻み ます。そして、油をいれた耐熱ガラスの容器に、刻んだニンニクを入れます。つぎに、鍋にお湯を沸騰させて、火を止めます。

そして、ニンニクと油の入った容 器を、鍋のお湯につけます。このまま、お湯が完全に冷めるまで、数時間おいておきます。この間に、余熱で、アリシンがアホエンに変化していきます。以上で 完成です。このニンニク入りの油を、料理にかけて食べます。加熱すると、アホエンが壊れるので、加熱しないで使ってください。ガン予防や認知症予防にも効 果があるというアホエンで外側からも内側からも、美しく健康になりましょう。